高級呉服の藤和 : 芹沢 銈介(せりざわ けいすけ)

キモノの藤和 052-203-1800
ホーム > 作家 > 芹沢 銈介(せりざわ けいすけ)
「高級呉服の藤和」お問合せフォーム
作家
森田 麻里(もりた まり)
ジャイ・パラカシ・ラキワル
伊可田屋(いかだや)
吉田 喜八郎(よしだ きはちろう)
木村 勝美(きむら かつみ)
志村 ふくみ(しむら ふくみ)
高橋 寛(たかはし かん)
芝崎 圭一(しばさき けいいち)
喜多川 俵二(きたがわ ひょうじ)
佐々木 苑子(ささき そのこ)
山口 憲(やまぐち あきら)
西山 謙一(無線友禅)
山口 伊太郎(やまぐち いたろう)
皆川 千恵子(みながわ ちえこ)
大羊居(たいようきょ)
羽田 登喜男(はた ときお)
市瀬 史朗(いちのせ しろう)
坂井 修(さかい おさむ)
羽田 登(はた のぼる)
田畑 喜八(たばた きはち)
宮城 里子(みやぎ さとこ)
中村 三郎(なかむら さぶろう)
村田 道宣(むらた みちのぶ)
田村 邦夫(たむら くにお)
岡本 隆志(おかもと たかし)
小倉 淳史(おぐら あつし)
春日井 路子(かすがい みちこ)
細見 華岳(ほそみ かがく)
大村 禎一(おおむら ていいち)
初代 由水十久(ゆうすいとく)
二代目 岸本景春(きしもと けいしゅん)
森口 華弘(もりぐち かこう)
木原 明(きはら あけし)
玉那覇 有公(たまなは ゆうこう)
芹沢 銈介(せりざわ けいすけ)
柿本 市郎(かきもと いちろう)
山鹿 清華(やましか せいか)
由水 煌人(ゆうすい あきと)

芹沢 銈介(せりざわ けいすけ)

20110122-DSC05637.JPG
芹沢 銈介は、明治28(1895)年5月、静岡市に生まれ
ました。
東京高等工業学校(現・東京工業大学)図案科を卒業後
郷里の静岡に戻りますが、やがて沖縄の紅型(びんがた)
の美しさに強い衝撃を受けて染色家になることを決意
紅型と和染に深く学びながら、図案・型彫り・染めまでを
一貫して行う独自の型染の世界を形成しました。

総体的に明るい色調、明解な表現、おおらかな作風で
知られており、現在も多くの愛好家に親しまれています。

昭和31年に「型絵染(かたえぞめ)」で
人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されて名声を
高め、昭和51年〜52年にかけてフランス政府から招聘
されてパリの国立グランパレで大規模な個展を開催
大成功をおさめ、国際的な評価を得ました。
静岡市名誉市民、文化功労者でもあります。