高級呉服の藤和 : 志村 ふくみ(しむら ふくみ)

キモノの藤和 052-203-1800
ホーム > 作家 > 志村 ふくみ(しむら ふくみ)
「高級呉服の藤和」お問合せフォーム
作家
森田 麻里(もりた まり)
ジャイ・パラカシ・ラキワル
伊可田屋(いかだや)
吉田 喜八郎(よしだ きはちろう)
木村 勝美(きむら かつみ)
志村 ふくみ(しむら ふくみ)
高橋 寛(たかはし かん)
芝崎 圭一(しばさき けいいち)
喜多川 俵二(きたがわ ひょうじ)
佐々木 苑子(ささき そのこ)
山口 憲(やまぐち あきら)
西山 謙一(無線友禅)
山口 伊太郎(やまぐち いたろう)
皆川 千恵子(みながわ ちえこ)
大羊居(たいようきょ)
羽田 登喜男(はた ときお)
市瀬 史朗(いちのせ しろう)
坂井 修(さかい おさむ)
羽田 登(はた のぼる)
田畑 喜八(たばた きはち)
宮城 里子(みやぎ さとこ)
中村 三郎(なかむら さぶろう)
村田 道宣(むらた みちのぶ)
田村 邦夫(たむら くにお)
岡本 隆志(おかもと たかし)
小倉 淳史(おぐら あつし)
春日井 路子(かすがい みちこ)
細見 華岳(ほそみ かがく)
大村 禎一(おおむら ていいち)
初代 由水十久(ゆうすいとく)
二代目 岸本景春(きしもと けいしゅん)
森口 華弘(もりぐち かこう)
木原 明(きはら あけし)
玉那覇 有公(たまなは ゆうこう)
芹沢 銈介(せりざわ けいすけ)
柿本 市郎(かきもと いちろう)
山鹿 清華(やましか せいか)
由水 煌人(ゆうすい あきと)

志村 ふくみ(しむら ふくみ)

20130614-dsc_5291.jpg

重要無形文化財 人間国宝












自然の色を、より美しく
大島紬や米沢紬などで有名な、「紬織り」の優れた技術により国の重要無形文化財保持者の認定を
受けている志村ふくみ。
紬織りとは、元来本繭よりも劣るとされる、太くて節の多い玉繭というものからとれた糸を使い着物を
織ることをいう。
本繭からとれる絹糸などとは違い、糸の太さが一定でないため折りあがった紬は自然と小さなで
こぼこができ独特の風合いをかもし出す。

月の満ち欠けとともに制作する
志村さんは、染色作家でもある。草木染めを独自の方法で開拓し、その技術は、草木染めを芸術の
域にまで高めたといわれるほどだ。
自らの手で染めた糸で紬を織る。
志村さんの作品は、自然界から得た色を豊かに使いながらも紬という素朴な織物にすることで
澄み渡った清涼さを感じさせてくれるものばかりだ。
1924年生まれ。現在は88歳を超えるが、現役で活躍し、工房では弟子や職人たちと元気よく働いている。
草木染めは、同じ素材でも季節によって色が変わると志村さんはいう。
自然とともに生きる姿の一端がここにはある。

20130619-dsc_5290__2_.jpg
志村ふくみ 訪問服”貝遊び”
京都・嵯峨野に工房を構える染織家 志村ふく......
詳細>>
20150725-dsc_0260.jpg
志村ふくみ 紬訪問服”隅田川”
紫根・臭木・団栗・桜...
詳細>>